超絶技巧本番曲

とりあえず適当に何でもします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

更新・・・・・

更新サボ・・じゃなかったできませんでした


そういえば焔樹さんや四号機さんサボるのことサボタージュというらしいですね


焔樹

更新サボタージュしてました


にゃんこ「こっ・・コーンポタージュ!?」



四号機

サボタージュしました

にゃんこ「こっ・・コーン(ry」


しかたがない検索するか


サボる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
サボるとは、仕事などを怠けること。フランス語で労働争議の一種である「怠業」を表すサボタージュ(sabotage)の日本語の略語「サボ」にラ行五段活用を付して動詞とした、造語だといわれている。類似の造語に「ダブる」がある。

フランス語のサボタージュという言葉は木靴を示すサボ(sabot)から来ているとされる。木靴を履いて仕事をすると仕事の効率が落ちるためであるとか、木靴で機械を蹴って仕事をしなかったとか、逆に機械がうまく動かなくて仕事の効率が上がらないときに木靴で叩いたからであるなどの説がある。

日本では大正時代に既にサボるという言葉が使われていた。怠業などによる労働争議は大正時代を象徴する出来事だったのである。サボタージュという言葉が日本で怠業の意味として流行し始めたのは、1920年(大正9年)に村嶋歸之により書かれた『サボタージユ—川崎造船所怠業の真相』(ISBN 4-7601-2614-7) によったとする説がある。[1]

1970年代から1990年代にかけては、学生を中心として、サボるの代わりに「ふける」という言葉がよく使われていた。もともと「ふける」は「逃げる」という意味の言葉であったが、授業などから逃げることから転じてサボると同義の言葉として用いられた。





!!!!!


日本語の「サボる」は仕事などをちょっと怠けたり休んだりする程度の意味に使われるが、フランス語や英語の"sabotage"は「破壊活動」「妨害工作」といった本当の争議の場合に用いられる言葉であり、日本語の外来語の「サボタージュ」も同様に使われる。




破壊活動・・・・


そんなに破壊したいのかい?四号機さん(焔儒さんはたぶんそんなことしません)




まとめ

焔樹さんのよく使うサボタージュはふけるの意味で


四号機さんのよく使うサボタージュは破壊活動ってことで




僕の移動拠点けぺぞん







クリックだけして帰ってください


スポンサーサイト
  1. 2006/07/14(金) 21:13:15|
  2. 学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<頭痛・・・ | ホーム | にゃにゃにゃにゃ>>

コメント

焔樹さん興味は偉大っていうでしょ

それよそれ(ついさっき僕が考えました)
  1. 2006/07/15(土) 22:51:33 |
  2. URL |
  3. にゃんこそば #-
  4. [ 編集 ]

自分が、この言葉を使ったのは、
親から、『サボる』は、『サボタージュ』の略 と言われたので使っただけです。
まさかそんな意味があるとは想像もしませんでした。
  1. 2006/07/15(土) 22:04:02 |
  2. URL |
  3. 焔樹 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyankosobalife.blog51.fc2.com/tb.php/214-b70e31c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



















ブログ(blog)ならFC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。